個人輸入は昔から可能だったのか

海外では普通に売られているのに、日本では購入することが出来ない薬があります。
また病院で処方してもらえれば入手出来る物と、そうでない物もあります。
病院で処方してもらうことが出来れば、なんとか手に入れる事が出来るのですが、そうでなければもう普通には入手する事は出来ません。
そこで海外で売られている薬を日本で入手する方法のひとつとして、個人輸入代行サービスを利用するという方法が有ります。
このサービスはその名の通りに、海外からの輸入を代行してくれるというものです。
これは法律的にはなんの問題もありませんので、安心して利用できるサービスです。
ですが初めて利用する人は、どの業者を利用すれば良いのか迷ってしまうはずです。
ですからどの業者を利用すれば良いのか、見極める目が必要になってきます。
きちんとした業者ならすぐに薬を入手する事が出来ますし、もし何らかのトラブルが発生したとしても対応してくれます。
逆にルーズな業者の場合だといろいろな対応が遅くなったり、薬がいつまでも入手できないといった事態にもなりかねません。
個人輸入代行業者を見極めるひとつのめやすとして、その業者が昔からあったのかという事がポイントになります。
古い業者であれば、実績も沢山ありますので信頼することが出来ます。