Month: 10月 2014

個人輸入のリスク

医薬品の個人輸入代行には大きなメリットもありますが、利用前に注意点を把握していないとリスクも伴います。安心して利用するために、まずは個人輸入がどういうものなのかを知る必要があります。

医薬品の個人輸入とは、個人で使用する目的で海外から個人的に薬を購入するというものです。どんな薬でも購入できるわけではなく、個人輸入が認められているものに限ります。それ以外の医薬品の購入は違法になるのです。

基本的に医師の処方箋は不要ですが、処方薬と同じものを購入するのでしたら、処方箋を提出しておいた方が安心です。それに沿って、必要な量だけ購入できるようにアドバイスしてもらえます。こうした処方箋提出を推奨しているのは、安心して利用できる業者と確認するポイントのひとつです。

輸入経路が不透明だと、粗悪品や全く違う薬が販売されているおそれがあります。
業者のウェブサイトで、どこの製薬会社が作っている薬なのか、どういうルートで仕入れているのか記載があるか確認しましょう。

他にも、服用に関しての注意点や成分表示、副作用の有無といったその薬に関する情報をメリットだけでなくデメリットも開示しているかはポイントです。
こうした点を踏まえて、信頼できる業者を見つけましょう。

医薬品個人輸入サイトの利便性

国内では医療機関を通じてでないと手に入れることができないような医薬品でも、海外では購入が可能な場合もあります。
そのような医薬品は個人輸入という形で手に入れることができますが、なかなか個人でそこまでの手配をするのは困難です。
しかし、インターネットが普及している現在では医薬品個人輸入サイトがあります。
そこを経由すれば、海外で一般販売している医薬品を購入することができます。
国内では医療機関に受診しなければ手に入らないような医薬品がインターネットで購入できるという点では、医薬品個人輸入サイトは利便性が高いといえます。
しかし、海外で販売している医薬品を購入するということからも分かるように、医薬品の説明書などは日本語で書かれていません。
従って医薬品を適正に使用するのには、それ相応の知識が必要となります。国内では医療機関を受診しないと手に入らない医薬品ということは、それだけの効果があるのはもちろんですが、副作用や相互作用など注意が必要であることはいなめません。
安易に手に入るからと言って、安易に購入するのは注意が必要です。そのような情報をきちんと提供してくれる医薬品個人輸入サイトを利用すると、そのような心配が少ないと言えます。

タダリスは処方箋がなくても国内通販で買えるのか?

タダリスはEDの治療薬です。
シアリスのジェネリック医薬品として作られました。
国内ではシアリスとしての取り扱いとなっており、タダリスを国内通販で買うことはできません。
ではタダリスを買えるのかどうかとなると、購入は可能です。
それはタダリスを購入したいときは海外のものを輸入して買うことが必要となります。
個人輸入ですので処方箋がなくても購入が可能となっています。
しかしタダリスはインド国内のみでしか承認されていないため注意が必要です。
国内で取り扱っているシアリスとは効果はほぼ同じとされていますが、日本製とは異なる点もいくつかあります。

まず薬を個人輸入するということは、全て自己責任となります。
購入に関しては個人で買うか代行業者を通すかの二通りがあります。
一般的に海外の薬は日本製と比べて副作用が強いと言われていますので、その点には注意が必要です。
また近年は悪徳な輸入業者も増えていると言われています。
実際に偽物を購入して健康被害に遭われた方もいるのです。
ですから購入に関しては信頼のおける所から買うことも重要となります。

タダリスは国内では許可がされていない医薬品なので、購入や使用をする場合は自己責任である事を理解しておく事が大切となります。