Month: 12月 2014

個人輸入は昔から可能だったのか

海外では普通に売られているのに、日本では購入することが出来ない薬があります。
また病院で処方してもらえれば入手出来る物と、そうでない物もあります。
病院で処方してもらうことが出来れば、なんとか手に入れる事が出来るのですが、そうでなければもう普通には入手する事は出来ません。
そこで海外で売られている薬を日本で入手する方法のひとつとして、個人輸入代行サービスを利用するという方法が有ります。
このサービスはその名の通りに、海外からの輸入を代行してくれるというものです。
これは法律的にはなんの問題もありませんので、安心して利用できるサービスです。
ですが初めて利用する人は、どの業者を利用すれば良いのか迷ってしまうはずです。
ですからどの業者を利用すれば良いのか、見極める目が必要になってきます。
きちんとした業者ならすぐに薬を入手する事が出来ますし、もし何らかのトラブルが発生したとしても対応してくれます。
逆にルーズな業者の場合だといろいろな対応が遅くなったり、薬がいつまでも入手できないといった事態にもなりかねません。
個人輸入代行業者を見極めるひとつのめやすとして、その業者が昔からあったのかという事がポイントになります。
古い業者であれば、実績も沢山ありますので信頼することが出来ます。

高いコスパが魅力的な個人輸入

個人輸入の場合、商社等を通さず、自己の責任で医薬品等を海外から購入することになります。
もちろん、保険診療で希望通りの医薬品を入手できる場合、その方が価格的には低い場合が多いのですが、日本では新薬の承認に時間がかかることから、新薬が必要な場合は、個人輸入の方が早い、ということもあります。
また、新薬でない場合でも、ジェネリックの医薬品などはかなり低価格で入手することが出来ますし、高いコスパを実現することが可能です。処方箋の入手に会社を休んで医療機関に行く必要がない点も魅力的だと言えます。
また、アレルギーなど慢性疾患の場合で、処方される薬に慣れている場合でも、医療機関での処方の場合には、処方出来る日数に限りがあります。その為、どうしても定期的に通院しなければなりません。
これは、日中仕事をしている人にとって、なかなか厄介であったりもします。
その点、個人輸入であれば、インターネットで就業時間外に発注することが出来ます。
また、英語にあまり慣れていない場合でも、個人輸入の代行業者が複数存在しますので、安心して発注することが可能です。
このように、忙しい現代人にとって魅力的な制度が医薬品の個人輸入なのです。